サラリーマンがジャグラーと競馬を頑張るブログ

紳士なサラリーマンが真摯にギャンブルと向き合うブログ

6号機SアイムジャグラーEX-TPボーナス確率・プレミア演出などが判明!感想を綴ります

スポンサーリンク

f:id:shimakazu1326:20200107165531p:plain

 

ついに6号機SアイムジャグラーEX-TPのボーナス確率やプレミア演出が判明しましたね。

 

私はてっきり発表会は明日だと思い込んでいたのでビックリしました(^^;)

 

という事で今回は6号機アイムジャグラーのボーナス確率やプレミア演出をまとめていきたいと思います。

 

そしてこのボーナス確率でどのように立ち回っていくべきかなど、筆者個人の感想を綴っていきたいと思います。

 

是非ご一緒に6号機アイムジャグラーについてお考えいただければと存じます。

 

ちなみにボーナス確率やプレミア演出などの情報は毎度私の記事を掲載していただいているGOGOPARK様の情報を引用させて頂きました。

 

また、北電子から発表されているプロモーションムービーも置いておきます。

 

6号機SアイムジャグラーEX-TPのボーナス確率

まずは6号機アイムジャグラーのボーナス確率を見ていきましょう。

 

 

f:id:shimakazu1326:20200107172609p:plain

 

 

このボーナス確率、機械割を初めてみた瞬間の私の感想は、

 

「え?結構優秀じゃない?」

 

でした。

 

 

f:id:shimakazu1326:20200107173026p:plain

 

 

5号機のアイムジャグラーと比較するとなんと全ての設定でボーナス確率も機械割も上昇しています。

 

相変わらず高設定域の機械割の低さは健在ですが、実はこの機械割は私が主としてよく打つゴーゴージャグラーの機械割と結構似ています。

 

 

ゴーゴージャグラーボーナス確率・機械割

f:id:shimakazu1326:20200107173636p:plain

 

 

6号機アイムジャグラーの設定6のボーナス確率とゴーゴージャグラーの設定5のボーナス確率は全く同じ。

 

そして各設定の機械割もゴーゴージャグラーに近い数値となっています。

 

「6号機でも5号機ジャグラーに近いボーナス確率でやれるんだなぁ~」

 

というのが率直な感想でした。

 

ボーナス払い出し枚数

f:id:shimakazu1326:20200107170920p:plain

 

そしてボーナス確率の他に気になるのがBIGとREGの払い出し枚数です。

 

 

BIG→約252枚(280枚を超える払い出しで終了)

REG→約96枚(98枚を超える払い出しで終了)

 

 

「優秀過ぎワロタw」

 

 

www.shimakazu1326.work

 

ドンちゃん2はBIG最大獲得枚数222枚、REGの最大獲得枚数は104枚

ハイハイシオサイはBIG最大獲得枚数194枚、REGの最大獲得枚数は102枚

 

先月に6号機アイムジャグラーについてそこそこ本気で考えた考察記事では2つの6号機ノーマルタイプを参考にさせて頂きましたが、そのどちらのBIG獲得枚数を大きく上回る252枚!

 

当然現在の312枚のBIG枚数からは少なくなってしまうものの、多分252枚って結構6号機の規定スレスレのラインなんじゃないんですかね?(詳しくなくてすみません)

 

想定よりも大きく凹むことの無かったBIG枚数により、比較的5号機に近いボーナス確率を再現できたわけですね。

 

小役払い出し枚数

f:id:shimakazu1326:20200107202717p:plain

 

ベル→14枚

ピエロ→10枚

ブドウ→8枚

チェリー→1枚

 

何と言っても我らがブドウさんが7枚から8枚への払い戻しに(`・ω・´)

 

これにより6号機アイムジャグラーの50枚あたりの平均ゲーム数は40Gとなったようです。

 

ブドウ極悪で50枚あたり平均ゲーム数が33~34Gしかないゴーゴージャグラーとは雲泥の差ですw

 

機械割は少なくなりますがその分、大きくリスクを抑える事ができるので安定した収支を刻めそうですね。

 

どのように立ち回るべきか 

f:id:shimakazu1326:20200107202339p:plain

以上を踏まえて、6号機SアイムジャグラーEXはどのように立ち回るべきかを考えます。

 

夜からの短期勝負の場合だと、良い意味でも悪い意味でも収支が緩やかになっていくはずですので、今以上に長期的な視野で収支を見てあげる必要が出てくるでしょう。

 

反対に朝一からの設定狙いで立ち回るスタイルだとリスクを抑えながら長期的に期待値を積める形になって悪くはないのではないでしょうか。

 

投資があまり大きくなることは無く精神的にも楽ですし、1日単位での勝ち負けにこだわらず長期的な視野で見る事が出来れば良台な感じはします。

 

ただ、そうは言っても設定6で105.5%

設定5で103.3%ですから専業の方には物足りないスペックだろうなと思います。

 

だからこそ自分のような103%、104%の期待値でも拾いたい副業スロッターには狙え目になりそうな気がします...

 

設定56を頻繁に使ってくれる良店で立ち回れば、大勝ちは無いけど大負けもなく、安定した収益が見込めるのではないかと...

 

設定6は狙えなさそう?

しかし大きな落とし穴があるんですよねこれがw

 

ボーナス確率は設定5と設定6でほぼ差がないのに機械割は2.2%も違っています。

 

ブドウ確率は発表されていませんが、前作のアイムジャグラー同様、設定6だけブドウ確率が良いという事は想像に難しくありません。

 

そうなると前作のアイムジャグラーと同じく、設定6を使ってくれるお店はかなり少ないんじゃないかと思います。

 

現実的に狙える最高設定が設定5となると103.3%の期待値です。

 

6号機アイムジャグラーのチェリーフォロー時の機械割がいくつまで上昇するか分かりませんが、良くても104%でしょう。

 

さらに、低設定と高設定だけみればREG確率に非常に大きな設定差がありますが、中間設定も含めていくとやっぱり設定判別は困難な感じとなります。

 

それでも6号機アイムジャグラーに力を入れてくれるお店なら積極的に104%前後の期待値を狙って打っても悪くは無さそうです。

 

 

ん~...でも5号機ジャグラーがあるうちは5号機ジャグラーで立ち回っちゃうんだろうな( ˘ω˘ ;)

 

6号機アイムジャグラーの告知タイミング

f:id:shimakazu1326:20200107195313p:plain

 

先告知→1/4

(レバーオン時、リールが回転する瞬間、停止ボタン有効時)

 

後告知→3/4(告知音1/2で発生)

告知音嫌いですぉ( ˘ω˘ ;)

 

6号機アイムジャグラーのプレミア演出

JUGGLERランププレミア

(消灯・瞬き・レインボー)

f:id:shimakazu1326:20200107195927p:plain

 

 

GOGOランププレミア

f:id:shimakazu1326:20200107200029p:plain

f:id:shimakazu1326:20200107200414p:plain

  • CHANCEのみ点灯
  • CHANCEがレインボーに光る
  • 先CHANCE点灯
  • GOGO!のみ点灯
  • CHANCE遅れ点灯
  • GOGO!遅れ点灯

 

告知キャラプレミア

f:id:shimakazu1326:20200107200606p:plain

GOGO!ランプの右に出現(まろ吉、ツノっち)

 

f:id:shimakazu1326:20200107200655p:plain

GOGO!ランプの上に出演(オッぽ、ベコたん、チュー助、トラっぴ)

 

 

このプレミア演出みちゃうと...早く打ちてぇっすね(´ω`*)

 

まとめ

今回は6号機アイムジャグラーのボーナス確率やプレミア演出を見ていきました。

 

そのうえで立ち回りなんかも書いてみましたが、一撃が無くなった分リスクを抑えられて私的には結構好みなタイプかもしれません。

 

とか言いながら速攻で飽きている可能性も否定できません( ˘ω˘ ;)

 

ただとりあえずプレミア演出は面白そうですし、やっぱりジャグラーファンとしてそれなりに打ち込みたいと思っています。

 

4月の登場が今から楽しみです(´ω`*)

 

それでは。