サラリーマンがジャグラーと競馬を頑張るブログ

紳士なサラリーマンが真摯にギャンブルと向き合うブログ

ガリぞう編【プロスロ39】ワサビ編【ぷろスロ39】を視聴した感想(メガガイア越谷大里実践)

もう公開されて1週間以上が経っていますが、メガガイア越谷大里店にて実践収録された

 

ガリぞう編【プロスロ39 第15弾】

ワサビ編【ぷろスロ39 第1弾】

 

の実践動画を観たガリぞうファン、ジャグラー一筋の私が感想をお伝え致します。

多少のネタバレがあるので、ネタバレ回避したい方はこの記事を閉じて今すぐyoutubeへGOGO!でお願い致します。

 

一話ずつ区切って見所や私の個人的見解などを綴っていきます。

まだ視聴されてない方も既に視聴している方も何かの参考になれば幸いです。

 

ガリぞう編プロスロ39第15弾1日目(前編)

youtu.be

今回のプロスロ39ガリぞう編ではサムネイルにその回のガリぞうさんの一言が記載されております。

このサムネの一言も今回の動画を通して楽しめた一つです。

 

さて、1日目は前編後編に分かれており、前編ではまず今までのプロスロシリーズでの約1年間の稼働収支を発表されております。

その結果に対しての自己分析も非常に勉強になります。

正直、設定状況が厳しい収録日も多かったと個人的に思う中での+20000枚は流石という他ないですね。

 

そして一日目前編で打たれた機種はGOGOジャグラー2。

その際にガリぞうさんが独自で出されたタイプ別出玉率を公表しております。

f:id:shimakazu1326:20190514123354p:plain

f:id:shimakazu1326:20190514123438p:plain

f:id:shimakazu1326:20190514123523p:plain

f:id:shimakazu1326:20190514123818p:plain

 

私は【チェリー狙い+ブドウ抜き】まで行っていますが、ここまで攻略すると設定1でなければそこそこ戦える数値になります。

ちなみに初代ゴージャグも同じスペックですので初代ゴージャグにもこのタイプ別出玉率で対応可能です。

 

余談ですが、私が最近稼働している中で、

「高設定を掴む事も大切だが設定1使用率が低いホールで戦うこと」

も大切なのかなと思っています。

 

最低設定2のホールで時折高設定が掴めるホールで戦う事が出来れば、結果は嫌でも付いてくるという事がこの数値でも分かります。

 

話が戻りましてこのタイプ別出玉率の中で、上昇率が一番高い項目は【チェリー狙い】ですのでブドウ抜きは行わなくともチェリー狙いが出来るようならしておいた方が長期的に見ると大きな差となってきます。

 

 

サムネの一言通り、苦しい展開となるゴージャグ2実践。

どのように考えどのように立ち回るかが焦点となる回となっています。

しかし、、、毎度のことながらガリぞうさん抽選弱すぎじゃないですかね。。

 

ガリぞう編プロスロ39第15弾1日目(後編)

youtu.be

ゴージャグ2からマイジャグラー4へ。

私としてはジャグラーを打ってくれる実践動画はやっぱり勉強になりますし嬉しいです。

 

ゴージャグ2同様、マイジャグラーシリーズのタイプ別出玉率も公表してくれています。

f:id:shimakazu1326:20190514131537p:plain

f:id:shimakazu1326:20190514131633p:plain

f:id:shimakazu1326:20190514131730p:plain

f:id:shimakazu1326:20190514131824p:plain

 

前編のゴージャグのタイプ別出玉率と比較していくとゴージャグの設定1設定2の優秀さがよく分かります。

 

ブドウ抜き出玉率

ゴージャグ設定1 97.90%

マイジャグ設定1 96.45%

 

ゴージャグ設定2 99.10%

マイジャグ設定2 98.81%

 

設定判別要素が少なく高設定域の出玉がマイジャグラーシリーズと比べて低いので敬遠されがちなゴージャグですが、大きくリターンを求めずリスクを最小限に抑えていくには一番優秀なジャグラーなのかもしれませんね。

マイジャグラーと比べて設定6導入率もゴージャグが上ですし、、

んん、、ゴージャグの方が良くないですか??

 

でも通常時のブドウ確率が辛いので、安定感があるような機種とは言い難く、、w

個人的にはマイジャグラーの方がやっぱり好きですΣ(゚Д゚)

 

過去実戦から強い場所とされる壁際のマイジャグラー4実践。

ガリぞうさんが奮闘された実践結果は是非動画をご覧下さい。

 

ガリぞう編プロスロ39第15弾2日目

youtu.be

実践前のガリぞうさんのお話し。

パチスロで高設定を掴むために大切なこと。

 

「店がどのように考えて設定を使っているか」→「どれだけシンクロできるか」

 

同じ高設定を使うにしても2つある。

①勝たせるための高設定(その日勝たせてまた次回来店してもらう)

②魅せるための高設定(高設定を使っていることをアピールしたい)

 

越谷大里店は②であることが多いという推測から候補台の1つだったバーサス。

BIG3回の試行で超高設定よりとなった設定判別。

f:id:shimakazu1326:20190514144023p:plain

テンションが上がり興奮気味に話していた後、冷静になって恥ずかしがるガリぞうさんがかわいいですw

 

終日打ちきったバーサス。

高設定示唆のこの台の結果は、、、

バーサス好きには是非オススメの実践収録回です(^^)

 

ガリぞう編プロスロ39第15弾最終日

youtu.be

花火→マドA→ディスクアップ実践。

この3日間抽選にも恵まれず苦しい展開の実践。

その中でも最善の手を常に探し立ち回る姿は「プロスロ」という動画名に恥じない立ち回りだったと思います。

 

「真剣さに嘘はない。別に恥じる必要はない」

 

動画の後半部分でサムネの一言の部分をお話されております。

パチスロに対しての真摯な姿勢、真剣に物事に取り組む大切さを改めて考えさせられる動画でした。

 

ワサビ編ぷろスロ第1弾1日目

youtu.be

本来はガリぞうプロスロ91として1週間企画の予定だったのですが、ガリぞうのスケジュールが合わずプロスロ39になったようです。

そしてその後編を引き継いだのがワサビさん。

 

Aタイプの覇者的存在のワサビさんならガリぞうさんの後任としてまさに完璧な代役ではないでしょうか。

 

そんなワサビさんのぷろスロですが、「ぷろ」がひらがな表記となっております。

f:id:shimakazu1326:20190515021818p:plain

ガリぞうさんの「プロスロ」と差別化を図るためと、ガリぞうさんがガチで勝ちいく企画と比べて「楽しくやわらかく勝つ」という少し気を緩めた企画という事でひらがなとなっているようです。

 

カッコいいオープニングから始まり、実践機種はディスクアップ。

正直、設定が期待できない状況の中で最善の勝ちに近づけた機種。

ガチ感はあまりないとはいえ、しっかりとディスクアップで期待値を積むワサビさんのプロ意識の高さが見えた初日。

 

ワサビ編ぷろスロ第1弾2日目

youtu.be

2日目は4月23日でメガガイアのイベント日。

このイベント日に標準を合わせるために初日にディスクアップを選んだと言っても過言ではないでしょう。

 

前日バーサスの高設定不発台を狙った入り。

その後ハナビへ移動するが、、、

 

コメント欄にも「設定状況が酷い」とありましたが、イベント日の割に設定状況はかなり悪かった様にも映ります。

そんな中で奮闘されたワサビさん。

ガリぞうさんよりその点に関して強めに話す点も要注目の回ですw

 

ワサビ編ぷろスロ第1弾3日目

youtu.be

う~ん、、

最終日の3日目はなんと18時開店Σ(゚Д゚)

ぷろスロ39でもないですねww

これはちょっと企画自体がどうかと。。

 

高設定を探す立ち回りを諦めてドンちゃん2の紹介に走るワサビさん。

この設定状況で立ち回らなくてはならないワサビさんも可哀想だなと思いました。

そりゃ「楽しく」をより重視する形としたドンちゃん2かディスクアップしか選択肢がないですよね。。

 

総括

グランドオープンからはしばらく出していたメガガイア越谷大里店も大分設定状況が辛くなっているなと感じました。

そんな中で立ち回りを強いられるパチスロライターという職業は大変だなぁと思います。

 

特にワサビさんの3日間は酷かったように思いますし(最終日は18時オープンでそもそも39時間じゃないしw)もう少しまともな状況で「ぷろスロ」ではなく「プロスロ」を観たいと思った今回のプロスロ39シリーズでした。

 

それでも「ガリぞうさんはガリぞうさんらしく」「ワサビさんはワサビさんらしく」パチスロに向き合い、それぞれの良さは出ていて良かったとは思います(^-^;

おまけ

この記事を書いていたら新作のプロスロ第16弾メガコンコルド1020刈谷知立店編(前編)が公開されていましたw

youtu.be

 

私もまだ視聴していません。

こちらのメガコンコルド編の感想も記事に出来たらと思います。

サムネを見る感じジャグラーを打たれている様ですしw

楽しみです。

 

 

それでは。